TOP > 診療科・部門 > 腎臓内科

診療科・部門

腎臓内科

放射線科

腎臓内科とは?

慢性腎臓病(CKD)という病気をご存じでしょうか。放置すれば、透析療法が必要な末期腎臓病へと進展するもので、日本国内のCKD患者数は1330万人と推定されています。CKDは末期腎臓病だけではなく心血管系疾患の危険因子でもあり、CKDを適切に治療する事により、心血管系疾患による死亡リスクを低下させることも可能となります。

CKDに対する適切な診療とはどのようなものでしょうか。検診で尿異常(蛋白尿/血尿)を指摘された場合、どのくらい病的意義があるのかが問題となります。必要に応じて腎生検(局所麻酔下で腎組織を採取する検査)を行い、組織学的診断に基づいて治療方針を決定します。腎機能の低下したCKD患者様に対して薬物治療を行う場合は、薬剤の種類や投与量に対する配慮が必要となります。腎毒性があるため投与を控えなければならない薬剤、あるいは腎機能に応じた減量が必要な薬剤は数多く存在します。このようにCKD患者様の診療を行う上で、専門的知識が要求される場面は多々あります。

適切な治療を行っても腎機能障害の進行を食い止めることができないCKDが存在することも事実です。難治性の糸球体腎炎や長期間コントロール不良であった糖尿病性腎症がその代表です。このような場合は専門的知識に基づき適切な透析管理を行うことが必要となります。

当院腎臓内科では、CKDのすべてのステージ(腎機能障害の程度により5段階に分類される)に対応した診療を行っております。お困りのことがあればお気軽にご相談下さい。腎臓専門医が責任をもって対応させていただきます。

診療科・部門
ハイブリッド手術室