TOP > 新着情報 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する当院の対応について

新着情報

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する当院の対応について

― 症状のあるときは相談・受診してください ―

「悪化する胸痛」・「動悸」・「息切れ」・「失神」

新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、感染を恐れるあまり病院への受診を控えた結果、循環器疾患が重症化してしまう患者さまが増加しています。
循環器疾患は重症化すると生命にかかわる恐れがあり、早い段階で検査や治療を行うことが重要な病気です。必要な受診を先延ばしすることは是非とも避けねばなりません。

新型コロナウイルス感染症に対する入院治療対応を行っている他の医療機関においては待機的な検査や治療を感染拡大防止のためになるだけ抑制することを余儀なくされています。そのような中で地域の循環器診療を守ることが循環器専門病院である当院の第一の使命と考え、外来においても入院においても必要な検査や治療は通常通り行っています

外来診療について

病院正面玄関でのトリアージにより発熱や風邪様症状を認める患者さまには正面玄関からではなく、時間外入り口を経由して救急外来での診療を行わせていただいています。そうすることで新型コロナウイルス感染症が疑われる患者さまとそうでない患者さまとがなるべく交差しないよう配慮しています。
また、入館されるすべての方には必ずマスクの着用と手指消毒を行っていただくだけでなく、病院スタッフも感染予防と感染拡大防止のための様々な工夫を行っています

定期受診されている患者さまについては、病状が安定していることを確認できれば受診予約の延長や処方箋発行にも対応させていただいています。
なお、外来での不急な検査は次回の外来受診時に変更させていただく場合もあります。

入院診療について

新型コロナウイルス感染症の感染予防と感染拡大防止のために、入院患者さまへの面会は原則禁止とさせていただいています。
また入院患者さまについては、外出および外泊は原則禁止とさせていただいています。
外来同様、病棟スタッフは厳重な感染予防と感染拡大防止策を講じています。